ブラジャーの正しい選び方|胸を美しく保つために試着は絶対

ブラナビ

ブラジャーの選びのポイント【重要度順】

no.1

1.カップに胸が収まっているか

カップが胸に収まっていない、逆に余っていないか確認しましょう。カップの上部が胸に食い込んでしまったり、脇の近くにたるみがある場合もブラがフィットしていないことになります。

no.2

2.中心部分の確認

中心部分や脇に負担がないか、浮いていないかを確認しましょう。胸が離れすぎている場合も、胸がきちんとした場所に収まっていない証拠です。

no.3

3.バージスラインは正常?

バージスラインは胸がはじまる部分、胸を支えている部分のことを言います。この部分をしっかり支えてられているかが重要となります。アンダー全体が持ち上がっていたり、カップの下部分に空間がないか確認しましょう

no.4

4.アンダー部分のフィット感

アンダー部分が締めつけられていないか、逆にゆるくないか、といった確認をしましょう。多少のフィット感は必要ですが、アンダーバストが大きいとホックが外れることもあります。

no.5

5.ブラひもの確認

ブラひもはバストを上へ引っ張る役割を持っています。ストラップにゆるみは無いか、食い込んでいないかをチェックしましょう。ブラひもの場合は調整できる場合がほとんどなので、選ぶ時はさほど気にしなくても良いでしょう。

ブラの正しい選び方について

ブラジャー選びは厳しく!

間違ったブラを着用していると胸の形を崩してしまうばかりか、美しい丸みを損なったり、成長する妨げになってしまうことがあります。ブラを選ぶ時にはしっかり胸をサポートしつつ、負荷をかけないことが大切です。

こんなブラつけていませんか?

パットを入れている、ブラひもが落ちる、ブラを外すとアンダーバストの後が残っている、ワイヤーがブラのバージスラインとずれている、このようなブラジャーは胸に悪影響を与えています!

パットを入れることは良くない

パットとは本来左右の胸の大きさが違っている場合に、見た目の大きさを調整するために入れるものなのです。ただ胸を大きく見せるためにパットを入れると、胸を圧迫し負担をかけてしまいます。せっかく大きくしたいのに、逆に成長を妨げることにもなります。

ブラは絶対に試着してください

ブラジャーは付けてみないと、本当に胸に合っているのか分からないものです。自分のサイズを決めつけて購入することはやめましょう。スポーツブラといった元々支える機能が高いものは良いかもしれませんが、日常で着用するブラは試着するようにしましょう。

広告募集中